福利厚生アウトソーシングの理論と活用

可児俊信 著

本体2,600円+税+送料300円  A5判 / 155頁  ISBN:978‐4‐947593‐11‐5

第1章 福利厚生のトレンド

  • 「ハコからヒトへ」の切り替え
  • 従業員が会社を選ぶ時代の福利厚生
  • ワーク・ライフバランスとコミュニケーション
  • 「所有から利用へ」のトレンド

第2章 福利厚生アウトソーシングの仕組みと広がり

  • 多様な福利厚生アウトソーシング
  • 福利厚生パッケージの運用
  • 福利厚生パッケージのメリット、デメリット
  • アウトソーサーの相違点
  • 福利厚生アウトソーサーの選定方法

第3章 福利厚生アウトソーシング導入事例

  • 福利厚生パッケージの事例
  • カフェテリアプランの導入事例
  • 社宅管理アウトソーシングの事例
  • 財形貯蓄業務アウトソーシングの事例
  • 事業所内保育所アウトソーシングの事例

第4章 カフェテリアプランの導入

  • カフェテリアプラン普及の現状
  • カフェテリアプランを導入する目的
  • 福利厚生見直し目的の変化とカフェテリアプラン
  • カフェテリアプランの運用コスト
  • カフェテリアプランのポイント財源

第5章 カフェテリアプランの設計手順

  • カフェテリアプランの税務
  • 加入対象範囲と非正社員
  • ポインとの付与・配分
  • カフェテリアプランの運用業務設計
  • カフェテリアプラン導入時と導入後の告知

第6章 今綾の福利厚生アウトソーシングの展望

  • 福利厚生パッケージの普及の要件
  • 求められるカフェテリアプランの進化
  • 新しい福利厚生アウトソーシング