2017年11月下旬号(№2236)福利厚生白書

【特 集】2017年版
  ◆福利厚生白書
   要点と特徴点
   1 生活満足度と福利厚生施策の現在
   2 労働費用の構造と福利厚生費の水準
   3 多様化する生活環境と就労の形態
   4 子育て世帯の暮らしと保育料負担
   5 社会人までの教育費と家計負担
   6 休日・休暇および余暇確保の水準
   7 職場レクリエーション、イベント
   8 貯蓄、投資など資産形成の現在
   9 地価と住宅取得価格、返済負担率
   10 増加する医療費と保険料の負担
   11 健康づくり、がんと就業の両立
   12 長時間労働とストレス・疲労度
   13 社会保障の給付と負担の将来
   14 介護負担にどのように備えているか
   15 就業形態の多様化と給与の水準
   16 老後生活費確保の到達点をみる

【連載 第9回】
  アジアの人々の現在 《真田幸光》
 シンガポールをどう見るか

【連載 第51回】
 今,福利厚生がおもしろい!《西久保浩二》
 経営効果の理論的背景を探る―働き方改革と福利厚生⑦

【高齢者雇用】☆厚労省 2017年 高年齢者の雇用状況
 全員65歳以上まで働ける会社は76%

【シリーズ】
 福利厚生ナナメ読み117
 (上)『銃後のアメリカ人:1941~1945』
   パールハーバーから原爆投下まで

【アラカルト】
 福利厚生アラカルト(11月上旬分)
 ◇16年度の年金収益額は7.9兆円
 ◇「社会貢献活動実績調査」16年度の支出額は2年続けて10%増
 ◇「医療経済実態調査(保険者調査)」健保組合の直営保養所が
   67施設減少
 ◇DB制度に運用の基本方針策定などを義務化
 ◇企業型確定拠出年金加入者は632.3万人に
 ◇「福利厚生費調査」16年度の法定外福利費変動率は△0.9%
 ◇16年度末の老人ホーム定員数は74万人