旬刊福利厚生のご案内

福利厚生施策の実態調査、事例紹介、動向の解説、関係重要情報などをわかりやすく編集した実務誌です。定期・特別調査や事例紹介は、福利厚生施策の充実に必ずお役に立つと確信しております。

創刊 昭和26年
発行 毎月2回発行(第2・4火曜日)
購読料 1ヵ年:68,640円(税別)
半ヵ年:36,700円(税別)

最新号のご案内詳しくはこちら

2019年8月上旬号(№2277)介護を巡る最新の状況をみる

【特 集】2019年版
 ◆介護を巡る最新の状況をみる
  1 介護のための費用はいくらかかるか
  2 介護保険サービスの受給者数と利用率
  3 介護サービス受給者の利用回数
  4 介護保険受給者の費用額と給付額
  5 介護保険受給者の自己負担と生活費
  6 施設サービスの費用額,給付額と自己負担額
  7 介護保険施設の入居状況と利用のニーズ
  8 介護をしている人数と介護保険料の負担
  9 家族への介護経験と介護離職者数の動き

【貯蓄・負債】総務省 2018年 家計調査(貯蓄・負債編)
  ◆勤労世帯の貯蓄と負債の現在高
  
1 貯蓄は平均値1,320万円,中央値798万円
  2 負債は平均値1,505万円,中央値1,356万円
  3 給与住宅世帯の純貯蓄は1,503万円

【内閣府】
 
内閣府「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書
 国民の総合主観満足度は5.89点

【連載 第4回】
 探訪!我が社の保育園(進化する企業内保育事業)
  富士通(株)「にじのき幼稚園」
 ~2つの円を同時開設するに至った人事施策の必要性と時代の変化~

【連載 第8回】
 福利厚生制度の設計から規程整備まで 《可児俊信》
 住宅手当から借上社宅への切替え規程例

【物価指数】
 消費者物価指数(全国6月分,都区部7月分)

【指 標】
 福利厚生関連指標(8月分)

【アラカルト】
 福利厚生アラカルト(7月下旬分)
 ◇「レジャー白書2019」余暇市場規模は0.1%増加の71.9兆円
 ◇「派遣労働者に関する調査2019」正社員と同じ働き方の派遣労働者
   は23%
 ◇「雇用均等基本調査」男性の育児休業取得率は確報で6.16%
 ◇「満足度・生活の質に関する調査」第2次報告書
 ◇「簡易生命表」平均寿命は男81.25年,女87.32年
 ◇「不動産価格指数」住宅の不動産価格指数は53カ月連続上昇

お知らせ

書籍のご案内一覧を見る

新しい!日本の福利厚生

本書は、生まれ変わった新しい福利厚生の姿を示したものです。最近の人事にかかわる経営キーワードである、「健康経営」、働き方改革、同一労働同一賃金、ダイバーシティ経営、エンゲージメント等を実現するために、福利厚生制度をどのように活用するか。基礎知識~企画・運用まで余すところなく明らかにする必読書。

共済会の実践的グランドデザイン

共済会の新しい役割・事業内容はどのようにあるべきかを、福利厚生を取り巻く環境の適切な分析と豊富な事例研究を通じて明らかにする。
参加型労組組織の典型である共済会の力をこれからの福利厚生に生かす道を探る。「千葉商科大学による出版助成学術図書」     

日本産業社会の形成 – 福利厚生と社会法の先駆者たち

福利厚生の原点を求めて
先駆者たちの足跡
明治の産業勃興期から昭和前期までを描く