書籍案内

HOME  >   旬刊福利厚生  >   2020年9月下旬号(№2304)職場給食の経営指標と価格

2020年9月下旬号(№2304)職場給食の経営指標と価格

【特 集】2020年版 民間企業73事業所対象
職場給食の経営指標と価格
 1 経営指標と給食形態,精算方式
2 総コストは609円に増加
3 直接費は306円に,変動率は1.3%
4 間接費は303円に,変動率は1.3%
5 朝食,夕食,その他の直接費
6 価格等を改定した事業所の動き
********************************************************
* 別表 事業所別の職場給食の運営内容と費用負担
********************************************************

【ハタラクエール】
 ハタラクエール(福利厚生表彰・認証制度)事務局
10月1日(木)より応募受付を開始
前回(ハタラクエール 2020)の応募法人の概況

【雇用均等】☆厚労省
男性育休取得率が7.48%に

【新型コロナ問題】☆特別寄稿 《山梨大学 田中 敦教授》
With Corona時代のワーケーションの動向と新たな向き合い方
『 労働・経済関係統計にみるコロナ禍の影響 』
コロナ禍における働く環境の状況

【生活支援】☆(株)エデンレッドジャパン
「コロナ共存時代における家計と生活支援に関する調査」
勤務先に導入してほしい手当の1位は「食事補助」

【職場環境】☆(株)Subsclife
オフィス家具定額利用サービス「サブスクライフ」

【職場給食】
 2020年「職場給食の経営指標と価格」付帯調査①
ヘルシーメニューを毎日提供が76%

【職場給食】
 2020年「職場給食の経営指標と価格」付帯調査②
コロナ予防策として9割超が「座席数を減らした」

【連載 第4回】
 福利厚生で良い会社が分かる!ハタラクエール2020
SGホールディングス
東名化学工業(株)

【連載 第19回】
 健康経営推進企業の先進事例
(株)TOKAI HDの取り組み

【緊急連載 第6回】
 コロナ禍後の福利厚生の未来を考える 《西久保浩二》
With コロナ時代の福利厚生…ハイブリッド・ワークをいかに支えるか①

【アラカルト】
 福利厚生アラカルト(9月上旬分)
◇「障害者雇用優良事業所等の厚生労働大臣表彰」優良事業所は19事業所
◇「保育所等の待機児童数の状況」19年10月の待機児童数は4万3,822人
◇「長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果」3万2,981事業場
で監督指導を実施
◇「確定給付企業年金は1万2,488件
◇「採用・定着状況等特別調査」障がい者の定着率は83.4%
◇「民間主要企業夏季一時金妥結状況」夏季一時金の平均妥結額は
82万8,171円
【物価指数】
消費者物価指数(全国7月分,都区部8月分)

【指 標】
 福利厚生関連指標(9月分)

年間購読契約者様はログインして頂くと本誌バックナンバー(最新刊から1年以上前の号)のPDFをダウンロード頂けます。 バックナンバーのダウンロードを希望される契約者様はここから会員IDとPASSの発行申請を頂けます。

既存ユーザのログイン
   
一覧へもどる

お問い合わせ

労務研究所へのご質問、ご相談は下記よりお気軽にお問い合わせください。